『10年後、ともに会いに』寺井暁子・著

『10年後、ともに会いに』寺井暁子・著

¥2,750 税込

送料についてはこちら

それは17歳の自分との約束。 「いつか、友を訪ねに世界を旅する」 27歳。 思春期を一緒に過ごした仲間たちは今、世界のどこかで、揺れながら生きているのだろうか。 ------- 「ねえ、あなたにとっての光と影ってなに?」 この旅で会う人たちに聞いてみたかったことが自然と口をついた。それをかなり直接的な言葉で聞いたことに、自分自身が驚いた。 ホゼはしばらく考えて言った。 「光はまだ知らないこと、影はすでに知ってしまったこと」 向き合って座る私との真ん中辺りを見つめながら、ホゼはさらに自分の考えの中に入り込んでいく。 「僕は未知に惹かれるんだ。すでに知っていると思うことは危険だ。それは心地良い場所かもしれない。でもそれは、人が考えることを辞めてしまう場所でもある」 私とは逆の光と影。             「光と影 <ウィーン>」より ------- 旅はヨーロッパ、北米を経て イスラエル・パレスチナへ。 そしてエジプトで革命に出会う。 ------- 「迷ったときはどうやって決めるの?」 「それは教えないよ。だって君は答えを知っている」 ------- トンネルの向こうに見えたものは、なに? <作品情報> 著 者:寺井暁子 発行日:2012年10月1日 単行本:408ページ デザイン・装幀:畑文恵 地図:中村雄吾 本文印刷:中央精版印刷 表紙・製本:美篶堂 <著者プロフィール> 寺井暁子(てらい・あきこ) ------- 1982年下北沢生まれ。16歳の時にユナイテッド・ワールド・カレッジのアメリカ校に派遣され、80カ国近くの国と地域から集められた同世代と2年間をともに過ごす。マカレスター大学地理学部卒業。その間にチリ短期留学。卒業後に帰国し、通信会社、ビジネスコンサルタントを経て、旅と物書きのためにフリーで活動を始める。 好きなこと。あてもなく散歩すること。知らない言語の歌を聞くこと。居間のソファーで会話すること。楽器を触ること。焚き火。